結婚指輪を決めるにはしっかりとして話し合いが大切です

指輪によって変わる

結婚指輪の価格について

今現在のところ結婚指輪はどういった価格が人気を集めているのでしょうか。ここで少しみていきます。 結論から言えば、一番購入されているのは10〜20万円という価格帯です。全体的に言えるのは、それほど高級なものにはこだわらず、手ごろな価格を選ぶカップルが多いということです。 現在一般的には結婚指輪と婚約指輪、合わせて三つの指輪を購入するカップルが多いです。そして伝統的に婚約指輪の方は、装飾も華やかで価格も高めの指輪を選ぶ傾向があります。そうした事情から結婚指輪は少し価格を抑えようとする傾向もあり、手ごろな価格に人気がある理由の一つともなっています。 また結婚指輪は着けたままで生活するという性質上、華やかな装飾は敬遠されることが多く、シンプルなデザインを多くのカップルが選んでいることも理由です。

結婚と指輪の歴史について

結婚指輪のルーツはヨーロッパにあります。日本には明治時代以降に他の文化などと共に欧米から伝わりました。 そもそも日本には指輪を装飾として用いる習慣は長らく一般的ではありませんでした。古代の日本では弥生時代以降大陸から他の装身具と共に指輪も輸入されており、一部の人には用いられていたものの、時代が下ると指輪はあまり用いられなくなっていきました。 そうした状況が大きく変わるのは幕末に西洋から装身具が輸入され始めてからで、明治時代になって文明開化すると指輪も一般化しました。 しかし日本にいくら指輪が浸透しても、それはあくまで装身具としての指輪であり、そこに特別な価値観を見出すということはありませんでした。 結婚指輪のルーツであるヨーロッパでは指輪は契約の証という価値観を持っていて、そこから結婚という契約に際して指輪を贈る習慣になりました。 日本では結婚に際しての儀式の一つとして受け入れられ、100余年を経て文化として広く浸透し、文化として定着しています。